ホーム > 日々語り木

日々語り木 一覧

やりがい十分

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
コメントてにおえなくなる木の定番の一つキンモクセイ。あっちとこっちに大きなヤマ二つ。のこぎり仕事で大半が終わります。
詳細情報ページへ

列植ツバキ剪定

2015_0501_154729-P5010002
コメントツバキは虫がつくため少なくなる一方。これほど並んでいるのは珍しい。フェンス代わりとはいえ、やはり虫は付くし、鬱陶しさも出てきて、思い切って小さくすがすがしくできないものかと。これから伸びようとする時期に剪定はひかえたほうがよいのですが、見るからに虫の温床、はやいうちに風を通すことに。太くなった主幹は元から切り落として、横から出た枝を新たな主幹にして、明るくさっぱりと。
詳細情報ページへ

その後の花だより2件

外観2
コメントその1 「庭が賑やかになってきて、眺める都度嬉しくなる日々を過ごしております。 あまり関心がなかった家族も、帰って来る度に「花綺麗だね~」と言うほどです! その2 「毎日庭に出るのが楽しみです」
詳細情報ページへ

茅ケ崎にて

2015_0308_172219-P3080006
コメント遠い、と思いながらも、ご自分で剪定管理したい方への出張指導の案内を掲げたばかり。受けない手はない。日曜日に設定。ほとんどノンストップで一号線を走り意外に早く一時間で到着。早速ハサミを腰につけたご主人の剪定実習開始。「やる気と道具はあります」との前言通り。当方の注釈に従い一枝一枝をパチリパチリと。なぜ切るか、その角度、切り方、ポジション等々、口先だけとなればいくらでもいいますよ…と私。おそらく半日くらいの仕事をゆっくり一日かけてやりとげ、楽しくともに満足の初体験。帰路多少混んでも一時間半。営業圏内確認。しかし次回はここからの依頼はない・・・・ということで・・・。一話完結。 コメントが入りました。「丁寧に指導いただき大変充実した一日になりました。
剪定の難しさや楽しさを実践を通して学ぶことができました。」 よかった。
詳細情報ページへ

ケヤキ枝おろし

2015_0215_174536-P2150009
コメント10月に依頼の電話。正月前にやれなくてもいい、落葉してからでいい」と。 年末手入れはそろそろ締め切らなくちゃあ」と思い始めていたころ、依頼の電話。落葉してからいつでもいい、と。そして2月中旬の日曜日。隣地との境界近くのケヤキ。5~6年は延ばし放題。できるだけ小さくしてほしい。前日前々日は強風が吹き荒れ、当日は風はやみぽかぽか曜日。枝先で切り降ろし役、途中で切り枝を受けて下げる役、下でひたすら刻みまとめる役、3人で一日仕事で。事故なく風が出てきた夕方6時に終了。木登り作業は若い助っ人に任せて、当方、この手の仕事では初めてひたすら地上でなたとチェーンソーをふるい続けていました。 ,
詳細情報ページへ

日本祭り

ウルグアイ2
コメントこの数カ月いろいろなことがかさなり、日々語ることができず、まさに日々に追われ、でも毎日、それゆえにか、這いつくばっているのですが、昨夜、地球の裏側ウルグアイから、日本祭りの案内が飛び込んできたので、日本の片隅のここに載せます。日本から一番遠い国に興味のある方へ。乗り継いで30時間で行けます。
詳細情報ページへ

奥庭をちょっと替えることに

2014_0902_174911-P9020015
コメント5月に剪定の依頼。なかなかいけずに、7月末に。ヤマモモ、カキ、ウメの大木をさっぱりさせて、写真は車庫スペースの奥、せせこましい感じでも10㎡ほどの芝地とその外側に植栽。ここだけで十分なくつろぎの空間…にできませんか、と。無造作に並んだ玉石が途中で終わっているので、ああ、あれだと、先日手入れをした家の裏に、ごろごろ転がっていた玉石、それを頂いて使うことに。まさに一石二鳥。芝地は敷き石張りに。その途中。
詳細情報ページへ

剪定尽くし

2014_0613_181635-P6130066
コメント剪定三昧ならば願ったりですが、必死に6月から2ヶ月半、こなしきれないままにお盆。語るどころか開く間もなく来てしまいました。2,3年以上伸び放題のお庭からの依頼もよく入り、その激変画像も取り忘れたり、前写真がなかったり。夏季剪定のはじまりごろの1件の前後写真をサンプルにして、あすからの土日なしの長期ロードへ気を引き締めるばかり。
詳細情報ページへ

敷きレンガの花壇と枕木の菜園II(その後)

2014_0516_175019-P5160003
コメント年度末の3月末に第一回目の施工。一週間後に一部直し、その一ヵ月後、レンガを30枚追加して完成。サクラが咲き始めたころはじめ、そこにはサクランボが葉に隠れてぶら下がり、シンボルに植えたジューンベリーは花が終わって葉が小振りながら全体を覆い、芝地は緑に色づき、オレンジのバラと、白いシャクヤクが満開に。赤い敷きレンガが幅広になった分庭が広がった感じがしたところで改造工事の完了。
詳細情報ページへ

明るくすっきりと

2014_0514_122352-P5140014
コメント表側も庭も、・・・うーん、よく伸ばしましたね、一人で一日では・・・むりかなあ・・・一日半で。 何年振りかの剪定依頼は、今春多く5件目くらいか。大体見積もりは甘くて、それ以上かかってしまう。 今回も半日オーバーごみオーバーで終了。その二日間に2件の新規依頼が入り、そういうことかと 納得至極。だからということでなく、見積もりはマックスだから、請求はもちろん見積通りで。
詳細情報ページへ
ページ 2 / 512345

ホーム > 日々語り木

吉川造園について

ページの上部に戻る