ホーム > 剪定 > 2013秋季剪定

2013秋季剪定

  • 【施工前】
    2013_1017_093941-PA170015
  • 【施工後】
    2013_1019_162624-PA190024

  • 2013_1017_093840-PA170011
  • 2013_1019_162657-PA190026
  • 2013_1017_094102-PA170019 (2)
  • 2013_1019_162723-PA190029
  • 2013_1019_162602-PA190022
工事種別剪定
施工日平成25年10月
場所横浜市金沢区
コメント秋真っ只中の剪定。キンモクセイが終わったら冬季剪定の始まり、と昔言われたのだが、暑く長い夏がようやく過ぎ去りやはりこれは秋日和。暑からず寒からず。でも、新規剪定依頼の庭木は皆ぶ厚く重々しい。モッコクが主木なのは久々。あまり手が入れられていなかったため、ボサボサながらも伸びきった自然形。左右にウメとアンズ。入り口に6本でひと山の木々のかたまり。ウメ・サザンカ・ツゲ・サルスベリ・イチイ、そして、これなんだろうと考えた末のサンシュユ。他、イロハモミジ・ハクレン・カキ・モチノキ・ゲッケイジュ等々。できるだけ小さく、明るく透かして、一人で三日、目一杯。予定通りと言いたいところ。実は樹木の下植栽地は、大事に育てられてきた山野草の類がそこかしこに。踏まないように切り落とした枝を拾い集めるのが精一杯。施主様のどうしようかなという思案顔に明快な答えが出せないまま。ブロワーを勧めるお門違いの詰めの甘さ・・・・・。外から眺める限りは、明るくさっぱりした雰囲気に馴れしたしんだころ、来春、別名「ハルコガネバナ」のサンシュユの黄色い花に目が惹かれることになるだろう。

ホーム > 剪定 > 2013秋季剪定

吉川造園について

ページの上部に戻る