ホーム > ウッドデッキ・フェンス・濡れ縁 | 庭改造 > 白砂利・大谷・山野草2013

白砂利・大谷・山野草2013

  • 【施工前】
    SH360106
  • 【施工中】
    2013_0125_165959-PAP_0084
  • 【施工後】
    SH360029

  • SH360028
  • SH360030
  • SH360031
  • SH360043
  • SH360048
工事種別庭改造,ウッドデッキ
施工日平成25年2月
場所横浜市旭区
コメント初めて下見した時、雑草でおおわれ文字通り足を踏み入れることすらできない荒れた庭のイメージでした。「今は冬枯れなんだよ」「いい草いい鉢ばかりなんだから」と。「捨てられないけれど片付けたい・・・」 明るい広々とした庭を取り戻し、趣味でこの20年間に集めた山野草の鉢ものをきちんと棚に収めたい。石や飛び石や水鉢を生かしてほしい・・・。8M×15Mほどのほぼ長方形の、広いお庭の片づけ改造工事。あるわあるわ、いったい何鉢あるやら、山野草の鉢ものを二段三段に重ねてもなかなか隙間があいてこない。歩くところは足になじむ大谷石張りで、ゆっくり庭を眺める場所としてウドデッキもできないか、ここのアヤメは残したい、ここらのオカトラノオはいい花が咲くんだ・・・・・水鉢を残すなら筧は六方石で、いっそ、中心に持っていこう・・・・。構想は片づけながら。そして最後まで、片づけながら片づけながら。鉢移動ばかりしていた印象が抜けきらないままに完了。デッキの上は行き場が定まらぬ鉢物に占領されたまま・・・・ 芽が動き出した、それぞれの鉢に端坐まします山野草。確かに名品・珍品ばかり。六方の筧から滴るしずくの響きがここちよい。  

ホーム > ウッドデッキ・フェンス・濡れ縁 | 庭改造 > 白砂利・大谷・山野草2013

吉川造園について

ページの上部に戻る