ホーム > レンガ・インターロッキングブロック | 庭改造 | 植栽・芝 > 同じようで違う庭

同じようで違う庭

  • 【施工前】
    作業前
  • 【施工後】
    SH360005

  • 完了1
  • 完了2
  • 完了3
  • 完了4
工事種別庭改造,植栽,インターロッキングブロック
施工日平成24年6月
場所横浜市中区
コメント依頼主が同じ、建物と庭の構造が同じ、しかも隣り合わせ。隣で使ったナツハゼはまた是非にと。ジューンベリーもヒュウガミズキも入れてくれれば後はお任せと言われても、もうほとんど決まったも同然なのだけれど、それではただの庭の拡張でしかないと、問うまでもなく樹木の中を歩き、何かないかと・・・。あるものです。日当たり風当たり抜群の悪条件下に枝枯れせずに薄桃色の花をたわわにつけたカルミア。1,8M×1,8M。これを主木に。後はとんとん拍子に、後ろの左の控えに立ち性の白花のミツバツツジを。右後ろにジューンベリー。その横にもう一本の常緑樹として、常緑ヤマボウシを。   除草の手間省きに全面をインターロッキングブロック敷きにしたのはもう何年も前。鉢ものばかりではかえって世話がかかった挙句に、そうだ、最小限のスペースをはがして地植えにしようと。庭木の復権。駐車場を潰して植栽することに匹敵する快挙。同じような庭をもう一つ、でよかったのだが、同じようで違う庭がもう一つできたのは喜ばしい・・・・が、カルミアの花柄をつけたままの完成写真は、雨が降り出したとはいえ、無頓着でした。

ホーム > レンガ・インターロッキングブロック | 庭改造 | 植栽・芝 > 同じようで違う庭

吉川造園について

ページの上部に戻る